セガワブログ

小説家、瀬川深のブログ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 作品を世に放つというのは実におそろしいことで、書き手が小汚い自室や深夜のカフェで汗だくになりながら綴っていた文章はいつのまにか、三下小説家の想像力をはるかに飛び越えたところにまで到達していたりします。
 なんて言うことを最近つとに実感しております。ホラまあ、今どきはイット革命後のネット社会ですから。本当に思いも寄らぬところに自分の文章が届いていることを知って、身をすくめるような思いに駆られることもしばしばなのですが。


 そのことを改めて実感するようなことを、友人が教えてくれましたよ。
 産報出版のSANPO WEBに、拙著が紹介されておりました。
 一瞬サンスポ?産経?と混乱してしまったのですが、「産報出版社は、溶接に関するあらゆるメディアを展開する専門出版社です。」ということなのだそうで。……更に混乱してしまいました。スミマセン。
 率直に言って、チューバが真鍮であることぐらいしか溶接とのご縁がなさそうな拙作なのですが、その中のコラムのページでご紹介を賜ったようなのです。もちろんチューバの溶接にスポットを当てて書いているわけでは全然なく、とても丁寧な書評を書いてくださっています。なんかもう、本当に、嬉しかったですよ。ああいう内容の小説ですから、音楽畑、小説畑の方がご興味もって下さるのはよく分かるんですが、よもや溶接関係の方が読んでくださっていたとは。どうしても人間、専門や業務の範囲で本は読むかも知れませんが、それを踏み越えて本を読むというのは本当にある種の気力と時間がいると思うものですから。
 

 それに、どうもセガワはモノ作りですとか、専門職とか言ったモノに惹かれる傾向があります。溶接や工業というのはまるで門外漢なんですが、ついうっかりページのあっちこっちを覗き回ってしまいました。
 刊行物の月刊「溶接技術」とか「ビジュアル教材 JIS 溶接技術検定シリーズ」とか、たぶん中身はまるで理解できないんでしょうけど、なんだかすごくワクワクします。記事の「工場訪問ルポ」とか「溶接の歴史」とか、こっちは普通に面白いです。そっかあ、こういう技術が橋とか船とか自動車とか、場合によってはアクセサリーなんかを作ってるんだなあとしみじみ思いが至ってみたり。考えてみれば金属と金属とをくっつける技術ですから、その範囲はおそろしく広いのも当然ですね。いま視界に入る携帯電話もパソコンデスクも灰皿も、どっかしらに溶接が使われてるんじゃないでしょうか。
 こうやってみると、世の中って複雑で面白いもんだなと思いますね。自分とはまるで縁のなかった技術なんですけど、そこには数千年に渡る歴史と技術が蓄積されてるわけですから。こうしているうちにも日本のどこかで、溶接技術検定を目指すべくトレーニングしている職人さんがいるのかも知れませんし。多少モノを知っている気になっていても、それはやはり夜郎自大としか言いようがなくて、どのジャンルも相応に深く広い世界を持っているようです。


 というわけで、とても嬉しいご紹介でした。ありがとうございました。
 あ、ちなみにご紹介下さったコラム「秋葉原日記」、なんか異常に話のネタが広いんですよ。本のことを書いたり鉄道のことを書いたり仏像のことを書いたり合鴨のことを書いたり、守備範囲が広くてクラクラ来ます。面白いです。
スポンサーサイト
 「チューバはうたう-mit Tuba」の増刷が決まりました。
 こないだから筑摩書房のサイトやamazonで在庫切れになっててどうなることやらと思っていたのですが、これでまたネットでも買えるんじゃないかなと思います。
 まあ他のオンライン書店や店頭にはまだ在庫があるみたいなんですが……。
 なんか型どおりの言葉で恐縮なんですが、買ってくださったみなさま、読んでくださったみなさま、本当にありがとうございました。身内や親戚、知人友人あたりはまあともかく、チューバの話ということもあってか妙なところに話題が届いているようで、本当にありがとうございます。
 それからはうはうとかチュパカブラとか言いつつも買ってくださった人々にも感謝しています、というかマジで恐縮してしまいます。なんか大量にまとめ買いしてくださった人もいるみたいなので……。もうサインぐらいならいつでもお引き受けしますよ。


 あんまり作者が口を出すことではないのでしょうが、ちょっとだけ本書についてフォローを。
 「チューバはうたう」作中、チューバで「屋根の上の牛」を吹くシーンがありますが、これはもちろんフェイクです。いろんな楽器向けにアレンジされている曲ですが、確かオリジナルの編成にチューバは入っていなかったはずですので。あのやけに軽やかで楽しげなフレーズをチューバで吹いたら面白いだろうな、ということでこっそり混ぜてみました。
 もう一つ、アンデパンダンというのはフランス語で「自立」を意味する言葉で、英語のインディペンデントに対応する言葉です。赤瀬川源平さんたちのご活躍で定着した言葉になったかな、と思っていたのですが、訊ねられたことがありましたのでここで書いておきます。
 他に曲名や人名については読者のかたからご指摘を受けた部分もあり、ちょっと修正する予定です。ありがとうございました。


 ついでながら、一つだけクイズを。 
 収録されている「飛天の瞳」の文体には二つほど特徴があるのですが、お気づきの方はいらっしゃったでしょうか?改行がないという点以外に、もう一つ。お分かりの方、メールを下さればお答えいたしますよ。


 近況ですが、とりあえずモリモリ小説を書いてます。長いのと短いの。近いうちにお目にかけられるかと思います。
昨日の毎日新聞に「チューバはうたう」の書評が掲載されました。
残念ながらwebでは読めないようですが、本当ですよ。
↓一応こんなものがあったので貼っておきます。
http://www.honya-town.co.jp/hst/HTNewspaperReview?isin=3&hiduke_rink=20080601

Webに掲載されておりました。こちらです。(2008.7.9.追記)




評者は作家の池澤夏樹さんです。
これは、本当に嬉しかったです。
大学のころに「スティル・ライフ」を読んで以来、大好きな作家さんですので。
特に好きなのは「真昼のプリニウス」という長編で、
小説から「単にストーリーを説明するだけではないなにものか」を感じ取ったのは
この作品が初めてだったかも知れません。
「南鳥島特別航路」等のエッセイもすばらしく面白いとか、
「南の島のティオ」という素敵な児童文学があるとか、
個人的な思い入れを書き始めるときりがないのですが、一つだけ。
拙作「チューバはうたう mit Tuba」の中にこういう下りがあります。


 これははっきり言おう、音楽をやっている人間たちの大半、おそらくは九十九パーセントかそれ以上は、実のところ、本当の意味で音楽をやっているわけではないのだ。自分たちのやっていると信じる音楽を包括してくれるジャンルの中に居場所を求め、そのジャンル全体の認知を裏切らないことを最上の価値とするのだ。そこには様式美はあるが、面白味はない。すでに築かれた塔に上って風景を楽しむことはできるが、その塔に新たな階層を付け加える勇気はない。要するに、皆、いくつもの小島の周りを泳いで珊瑚礁の海を楽しんではいるのだ。しかし、どんな波がくるかわからない外海へと向けて泳ぐ意志と力はない。
(筑摩書房『チューバはうたう mit Tuba』 55ページ)


この最後の部分は、池澤さんのインタビュー「沖に向かって泳ぐ」からお借りした表現です。
元々はウィリアム・フォークナーがアーネスト・ヘミングウェイを評して
「沖に向かって泳ぐ勇気」という表現をしたと、この本から教えられました。


それからもう一つ、池澤さんはテオ・アンゲロプロス監督の映画の字幕を付けるという
特筆すべき仕事をなさっています。
「ユリシーズの瞳」は、今なお自分の中で三指に入る映画かも知れません。
日本公開当時は二十歳ちょい過ぎの若造に過ぎませんでしたが、
それでもこれは、キャラクターを動かしストーリーを語る、だけではない、なにごとかを感じ取った
初めての映画だったように思います。
そうとなれば「旅芸人の記録」を観ないわけにはゆかないのですが、
……4時間か………………。
むぅ。


↓せっかくですので二冊ほどお勧めを。後者は京都大学での文学の講義です。面白いですよ。

真昼のプリニウス (中公文庫)真昼のプリニウス (中公文庫)
(1993/10)
池澤 夏樹

商品詳細を見る



新潮選書 世界文学を読みほどく (新潮選書)新潮選書 世界文学を読みほどく (新潮選書)
(2005/01/15)
池澤 夏樹

商品詳細を見る


ちょっと告知が遅れてしまったんですが、
筑摩書房のPR誌「ちくま」に、拙著「チューバはうたう」の紹介文が掲載されました。
お願いしたのは、ご存知シカラムータの大熊ワタルさんです。
なんかもう、いろいろと、ほんとうに、ありがとうございます。


この「ちくま」という冊子、ご存じない方も多いかも知れませんが(筑摩書房のみなさまごめんなさい)、
実は結構面白いんですよ。
セガワも毎号送っていただくようになって改めてその面白さを認識したので他人のことは言えないんですが、
豪華かつ面白い人選の執筆陣で、記事に読み応えのあることこの上ないです。
まあもちろんPR誌なんでメインは筑摩書房の新刊を紹介する記事なんでしょうが、
これがまた面白い。
牧野富太郎の本をいとうせいこうさんが、華恵さんのエッセイを谷川俊太郎さんが紹介するなんて、
なかなか思いつかない組み合わせじゃないですかね。
表紙が奈良美智さんというのもひっそりとすごい。
鈴木理生さんが戦前の、菅野昭正さんや沖浦和光さんが戦後の日本を回想する文章も素晴らしいですし
(失礼ながら、おじいちゃんの繰り言になっていない回想記というのは本当に面白いものなのだと再認識しました)、
四方田犬彦さんの大島渚論とか竹熊健太郎さんのオタク論とか伊藤剛さんの漫画論とか、
連載の顔ぶれも微妙に尖っていて面白いです。
PR誌ということでなのか、あんまり大々的に売っている印象もないんですが、なんか勿体ないですね。
今どき一般記事を装った提灯記事満載の雑誌なんか世間にいくらだってあるのに。


まあそれはそれとして。
大熊さんの紹介文、本当にありがたい内容でしたよ。
もともと大熊さんは異常に文章が達者なんですが、特に音楽小説や映画に言及した部分は相当に鋭いです。

成功の上昇曲線は、見るものを高揚させるが、ひとつ間違えると、支配的な文化の論理に回収されてしまう危険性をはらんでいるように思う。
 吹奏楽は、軍楽をルーツとして、集団演奏を主眼に発達してきた。集団には、個々の限られた力を、足し算以上のものにする可能性がある半面、とかく排他的になったり、同質化圧力が先走ったりしがちだ。吹奏楽は、かつてフーコーが指摘したような、規律社会としての近代社会の縮図と見ることもできる。


こういう指摘は拙作についてなかなか受けなかったものなので、本当に嬉しかったです。
だいたい自分は、集団競技というものがいまいち苦手なんですが、
それはどうしてもそこから外れてしまう人の方に興味が向いてしまうからなんですよね。
自分も明らかにそこから外れてしまう側の人間でしたし。
テレビなんかで散見する集団競技の感動モノ、マー例えばクラス丸ごとで仮装大賞とか30人31脚とか
あれ、絶対あそこからあぶれてる子が居るはずですよ。
そういう子がクラス内から向けられる視線を考えるに、胸が痛みます。
自分の興味はどうしてもそちらに向いてしまうんですよねー。


まあ別に感動しちゃいかんというわけじゃないんですが、
「僕にはその感動を保留する猶予が欲しい」というのが偽らざる気持ちです。
感動っていうのは、もう少し内面に存するものではないのかなあ。
友人Bくん(イニシャルじゃないけど事実上イニシャル)からメールがありました。
Bくんは高校時代からの友人なのですが、
高校時代に貸してくれたお勧めの曲がフルトヴェングラーのピアノ協奏曲だったり、
遊びに行ったら貨物時刻表を毎号買ってて驚愕したり、
アマオケでファゴットを吹いていると思ったらコントラファゴットを個人購入してしまったり

マー

なんというかその、

いろいろと業の深い個性の豊かな人です。





で、そのBくんがどうも盛岡にいるようなのですが、その理由が
連休を利用して岩泉線に乗りに行くという

マー

なんというかその、

相変わらず着々と余計な人生の功夫を積んでいる趣味に生きているようなのですが。
(ちなみに岩泉線に縁もゆかりもない、大多数のみなさまにはこちらをどうぞ。
  岩泉線の時刻表
  岩泉線の駅のたたずまい
  岩泉線のある意味ハイライト
  
しかしそんなBくんの奇特な趣味のおかげで、ステキな情報が手に入りましたよ。





さわや書店


ウワァ!平積みだ!
さわや書店様、本当にありがとうございます。
(公式サイトがないようなので、こちらのアドレスで失礼します)
ええ、別に提灯記事書くつもりもないんですが(と言いつつゴマ擦る気は満々です)、
さわや書店って昔ッから品揃えが良かったんですよ。
帰省した折りにちょいと暇だなーなんか読む本でもとぶらぶら肴町のアーケードを徘徊しつつ
さわや書店に入ったら、白水uブックスがどっさり揃っていたり、
ちくま学芸文庫がどっさり揃っていたり、国書刊行会の海外小説がどっさり揃っていたり。
商売大丈夫なんだろうかと余計な心配をしてしまうほど、
本好きにとっては鋭いラインナップが揃っている本屋さんであります。
地方にこういう本屋さんが頑張っていてくださると、本当に励みになりますよ。


そんなわけで、さわや書店をはじめとする全国有名書店の一部で絶賛平積み中!の
「チューバはうたう mit Tuba」、重ねてよろしくお願いいたします。





あっ、Bくん本当にどうもありがとう。
また上京の折にはなんか奢ります。

segawashin

Author:segawashin
2007年、「mit Tuba」で
第23回太宰治賞受賞。
ホームページはこちら。
www.segawashin.com
ツイッターはこちら。
http://twitter.com/#!/segawashin

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。