セガワブログ

小説家、瀬川深のブログ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
火は遠いところに

かなたに盛る火を畏れることだ
すぐかたわらの炎と熱ならば
子供でも犬でもおびえる
遠い火をあなどってはならない
地平の向こうにひるがえる炎を
軽んじてはならない
あくせく歩き回り
大いにめしを食い
つつましやかに眠りに落ちる
そのせつな
まぶたの奥に火が見えはしないか
脳の奥底をちりちりと炙る
熱を感じとりはしないか
たしかに
火はあるのだ
視認できぬかなたの平野に
火は煌々と盛っているのだ
慌てなくてよい
忘れるな
敬わなくてよい
嘲るな
いずれ火は荒野を走り
足下に迫るかもしれない
迫らないかもしれない
そのときのために
われらは
あくせく歩き回り
大いにめしを食い
深く長い眠りに落ちるのだ
そして脳裏に映る
遠い火は
時を刻むかのごとくに
刻々とひるがえる




----------☆----------

久しぶりに詩を書いたので、試みにブログにあげてみました。
高校時代からずるずると詩を書き続けているのですが、
いっときユリイカに投稿していた以外、なかなか発表のチャンスがないですね。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://segawashin.blog20.fc2.com/tb.php/10-d9084851

segawashin

Author:segawashin
2007年、「mit Tuba」で
第23回太宰治賞受賞。
ホームページはこちら。
www.segawashin.com
ツイッターはこちら。
http://twitter.com/#!/segawashin

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。