セガワブログ

小説家、瀬川深のブログ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もしも私がこの町に生まれていたら
高校へは自転車で通っただろう
遠回りして汽水湖のほとりを走り
週に一度はかつて城の築かれていた
小高い山の上に登って
山のかなたあるいは
海のはてを眺め
ここではないどこかばかりに心を馳せていただろう


私がこの小さな町
汽水湖のほとり
古い栄華の商都に生まれていたら
自分を弾き出すただ一つの方法であると信じて
熱をこめて勉強しただろう
飽きることなく
代数あるいは英文法の問題に没頭し
君たちにはまだ理解の外だろう との
教師からの挑発にうかうかと乗って
フランツ・カフカやサマセット・モームにかじりつき
ブルックナーの交響曲を聴いただろう


私がこの小さな町
大きな雪山のふもと
幾千もの船を集めた港町に生まれていたら
何度となく古い堀割
白壁の家々のさなかを走り抜けながら
美しき過去のことも
時おりすれちがう少女たちのことも頭になかっただろう
ただ濃密なる現在と
あやふやで莫大な未来ばかりを眺め
私はまぎれもなく幸福であったに違いない


そして
もしも私が
この古雅でつつましやかな
小さな町に生まれていたら
私は今になって
懐かしく思い返すに違いない、
はるか遠くに離れた土地で、驚嘆すべき充足と
かすかな後悔とを伴って。


本当は私に親しい、
北関東の北辺の
とるにたりないうらぶれた
夕立だらけの町を
思い返すみたいに。


(Oct 22, 2006; Yonago-Tokyo)



-------- ☆ --------


 学会で米子に行って来ました。
 米子を初めて訪れたのは三年前の秋、これも学会でのことで、この山陰の静かな町を大好きになってしまいました。自分の狭い見聞の範囲と断ってのことですが、静かなたたずまい、豊かで複雑な地形、町の至るところに残る長い時間の痕跡、慎ましやかな人の言葉とふるまい、いずれを取っても日本でも指折りの素敵な町ではないかと思います。
 前回は堀割の上にも街路の隙間にも中海の上にも涼しい風の流れる季節の訪問でしたが、幸運にも今回は夏の始まる季節の米子の顔を見ることができました。米子の印象については稿を改めて書くとして、前回の訪問の時に書いた詩を掲載します。
 自分からはさまざまな意味で遥かな町への片恋です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://segawashin.blog20.fc2.com/tb.php/104-40981587

segawashin

Author:segawashin
2007年、「mit Tuba」で
第23回太宰治賞受賞。
ホームページはこちら。
www.segawashin.com
ツイッターはこちら。
http://twitter.com/#!/segawashin

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。