セガワブログ

小説家、瀬川深のブログ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 一週間ほど中国を旅行しておりました。いわゆる旧満州のあたりです。大連、瀋陽、ハルビン、そして丹東という妙な旅先でした。旅の顛末はまた別の機会に書くかもしれないので、ここではちょっと違うことを。
 実は12年ぶりの訪中だったのですが、いやまあなんというか。当時は社会主義な雰囲気がもうちょっと強かったんですけどね。今でも政治体制が変わった訳じゃないんですが、商業主義で思いきり厚塗りしちゃってなにがなんだかよく分からなくなっている感じでした。場合によっては、当の中国人自身もよく分かっていないのかも知れないと思ってみたり。もうちょっとソフィスティケイトされた部分があるかと思ってたんですが、エントロピー増大しっぱなしの中国にすっかりやられて帰って参りました。疲れたなあ。
 で、帰国してみれば、そういえば日本は衆院選挙の直前でした。どうやら政権交代となる可能性が濃厚のようですが。


 で、ふと思い出したのが、大連の町はずれのアパート街を歩いていたときのこと。「中国共産党六十周年」みたいなことが書いてあって、ああそういや今度の9/1で建国60年なんだなと言うことを思い出しました。日本でいわゆる55年体制が確立してから54年ですから、実は結構期間が近いんですよね。
 もちろん社会主義国家と自由主義国家を同列に比べることには大した意味はないんですが、一つの政党がずっと政権の中枢にいた点ではその異質さが似ているんじゃないかと思います。じっさい、アジアの開発途上国に開発独裁の政党は結構存在していましたし、少なくともバブル崩壊までの自民党も明らかにそういう側面を持っていたでしょうし。
 ただ、自分が驚くのは、ここまで自民党が長期政権を担当してきたという事実で、曲がりなりにも自由選挙のある国でこれは異例のことだと思います。よもや、例えば台湾の国民党やインドネシアのゴルカルやメキシコの制度的革命党などよりも自民党の方が長命を保つとは思わなかった。G8内でも先進国の中でも、唯一の例でしょうね。
 逆に言えば、たとえば外交にせよ経済にせよ地方自治にせよ、政権にアクセスすると言うことは自民党にアクセスするということを意味したわけで、これはなんとも安定した、裏を返せば緊張感を欠いた関係を構築してきたのではないかと推察します。族議員などという言葉が普通にまかり通ってきたわけですから。
 もちろん功罪両面あったことは認めるにせよ、とにかく自分の感想としては、長すぎたというのが率直なところです。どんな組織であっても、半世紀は長い。プロトコールとメソドロジーが完成されすぎるというのは、政治にとっては決して幸福なことではないだろうとセガワは思います。刻一刻と変化する社会に対応していかなければならないのが政治ですから。
 そんなわけで、今度の選挙は結構楽しみにしています。政治家、官僚、経済界、メディア、そして当の日本国民が、この長すぎた政治的安定の変化をどう受容していくのか、すごく興味が湧きますよ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://segawashin.blog20.fc2.com/tb.php/114-70703696

segawashin

Author:segawashin
2007年、「mit Tuba」で
第23回太宰治賞受賞。
ホームページはこちら。
www.segawashin.com
ツイッターはこちら。
http://twitter.com/#!/segawashin

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。