セガワブログ

小説家、瀬川深のブログ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
瀬川にとっては比較的激動でしたが人類にとってはさほどでもないかもしれない2007年も
余すところ5時間ほどとなりましたが皆さまいかがお過ごしでしょうか。
瀬川の私的10大ニュースです。

①第23回太宰治賞受賞
やはり今年はこれがいちばん大きかった。
モノを書こうと足掻き続けてきた青二才に一つ飾られた星なのだと思う。
もちろんこれは試合に出る出場切符を貰っただけのことで、ふんばりどころはこれからなのですが。
ただ、このことで、思いがけない出会いもあれば、疎遠になっていた知人との交流復活もあった。
そのあたりの余波も含めて、本当に幸福な受賞だったと思う。
お世話になった方々に改めて申し上げます。
本当にありがとう。


②医学博士号取得
こちらはまずはマジメにやっていれば貰えるものだったとはいえ、
長い長い学業生活の一区切りになったことは確か。
だって考えてみれば俺、6+3+3+6+4で合計22年も学校通ってたんですよ奥さん。
22年って言えば女の子が生まれて大きくなってちょっと恋愛して場合によっては
出産ぐらいこなしちゃう年月ですよ。
もうなんて言うか。
つくづく教育ってのは莫大な年月と費用がかかるもんなのだと感じる。
まあそれに見合うだけの恩返しを社会に対してできるかというと、
少々自信がなくなってくるんだけど……。



(省略)


④合気道三段を允可される
12年かかったとはこの日記にも書いたけれど、
考えてみたら俺、10年以上続けてきたことって合気道のほかには
小説と旅行ぐらいしかないんだよね。
小児科医だって今年でやっと10年目だし。
ある時期は夜も日も明けずに熱中していたことが今となってはまるで興味が湧かなくなったり、
その逆にかつては嫌悪しきっていたことが今では生活のかけがえのないものになっていたり、
そんなことがいくらでもある。
そう考えると、人間って言うのは変わらないようでずいぶん変化するものだし、
柔軟なようでいてあんがいに頑固なものでもあるようだ。
そんなことも含めていろいろ考えることの多かった合気道三段。
いえ、つくづく嬉しいです。


⑤普通二輪免許取得
かなり痛々しい理由のために免許取ろうと思い立ったんだが、
これが思いのほか世界を広げてくれるのに役に立った。
つーかぶっちゃけバイクめっちゃ面白いです。
アーこんなことならばもっと早めに取っておけばよかった。
これから免許取ろうと思っている人は、ぜひ同時教習をお勧めします。


⑥ブルガリアの大学で講演してきた
まあ顛末は省略しますが、
自分がなぜか大好きな東欧の深奥、ブルガリアにまさか仕事で行けるとは思わなかった。
いやあ、生きているといろいろいいことあるなあ。
ああいうまだまだ発展途上の国の、思慮深く知識豊かなインテリの人たちと
仲良くなれたことも大いに収穫だった。
かなり反省する思いもあって。


⑦インドネシアで睡眠薬強盗に遭う
……いえ、まあ、確実に笑い話じゃないんですが。
よく無事だったなあ俺。
海外旅行慣れしてるze!とかいい気になっていると、こういう痛い目を見ます。
つくづく反省。


⑧CICALA-MVTAのライブに行って来た
まあ太宰賞のおかげとも言えるんだけど、ほぼ10年来の大ファンだったバンドの人に
拙作を読んでいただいて、書評も書いて頂いたりして、
ファンとしてこれに勝る幸福はなかったです。
もう一つ、年末のライブで相当なサプライズがあったんだけど、
これはまだオフレコだな。


⑨コミュニティFMラジオに出演した
短い経験だったけど、これはとても面白かったです。
小説のネタにもなったし。
リサイクル人生。


⑩いろんな人に出会えた
いえ、これは追従でも何でもなく。
俺、結構ネットに対する猜疑心は強いんですよ。
それが、意外にもネットを通じていろいろ面白い人と知り合えて。
これはかなり珍しがられるんだけど、俺は大学出てからできた友人の方が
圧倒的に多いんですよ。
それはまあ、学校っていうコミュニティの外でジタバタ足掻いた結果なのかもしれないけど。
でもまあ、出会いってのは本当に幸福なことだと思うのです。





こうやって並べてみると、私的にはそれなりに波瀾万丈だった2007年。
いろんなことがあってハッピー!と脳天気なことを言うつもりはさらさらなくて、
というのも、これは結局それ以前に足掻いていたことが偶然今年結実したに過ぎないんですよ。
これは実はかなり恐ろしいことで、
逆に言えば今サボっているツケは数年後に必ず現れてきますからねえ。
「商いと人生は停まるない列車」とはよく言ったものです。


瀬川とここを読んでくださった皆さんの2008年がよい年でありますように。
それではみなさま、よいお年を。



BGMはベートーヴェン/リスト編曲「交響曲第9番 ピアノ独奏版」、
ピアノはシプリアン・カツァリスで。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://segawashin.blog20.fc2.com/tb.php/12-7eee104c

segawashin

Author:segawashin
2007年、「mit Tuba」で
第23回太宰治賞受賞。
ホームページはこちら。
www.segawashin.com
ツイッターはこちら。
http://twitter.com/#!/segawashin

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。