セガワブログ

小説家、瀬川深のブログ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 思うところあってネットでワーグナー「神々の黄昏」の動画を漁って見ていたのだが、ひょっとするとワーグナーの楽劇を生で見ていないのはとんでもない人生の損失なのではなかろうかとわりと本気で思うに至る。今まで生で見たことがあるのは「ニュルンベルクのマイスタージンガー」、しかも舞台上演版ぐらいなのだけれど、あれはもうホント脳の奥が溶けるのではないかと思うほどの体験だった。シーズンオフのフィラデルフィア響。ワーグナーのひたすらにくどい、反復、繰り返し、積層、あれがときに、なにかのはずみにこちらになだれを打ってくる瞬間というのがあって、その法悦というのは本当に他のナニカでは代え難い。敢えて近いモノを探すならば、ブルックナーのも模続進行ぐらい。タイミングが悪いと、ひたすらに胃にもたれるのだけれど。
 ともあれ、指輪四部作とマイスタージンガーとローエングリン、あとパルジファルを生で見ることぐらいは残りの人生の目標にしておこうと思った。ウワーたのしみだなあ。平均余命まで生きるならば、40年ぐらい猶予はあるはずだし。


 ワーグナーの仕事っぷりというのは、モノ作る人間ならば誰しもしょげかえらずにいられないものがあって、まあ指輪の四部作だけでも木っ端作家10人分ぐらいの仕事をしている。もちろん傑作はこれだけじゃない上に、王様をたらし込んで巨額のゼニを引っ張って今に続くバイロイト音楽祭を企画して、女にもこまめで、片手間に革命の片棒まで担いでいるんだからどんだけ濃厚な人生なんだろう。迷惑被った人も相当多そうだけど。


 そのへんの史実は詳しくないので省くけれど、ネットで流し見していたら、ワーグナー一族のその後がこれまた波瀾万丈に過ぎて手が止まらなくなった。普通、こんだけエライご先祖がいたらだいたい三代目当たりのボンクラが財産を食いつぶすと相場が決まっているのだが、どうもそうではないらしい。
 ホモ疑惑の濃厚だったワーグナー家の嫡子、ジークフリート・ワーグナーに嫁いだ若干十七歳のヴィニフレート嬢が相当なドラゴン・レディであったのも面白すぎるし(ナチスに接近してゼニ引っ張った手腕もすごい。賛否はさておき)、なによりも孫に当たるヴィーラント・ワーグナー、戦後の物資欠乏期のゆえであったとはいえ、極度に切り詰められたポスト・モダンなスタイルの新バイロイト様式を押っ立ててしまったらしいあたりがすごい。始祖の三代目と来ては、萎縮するか保守化するかのどっちかに偏りそうなのに。
 早世したヴィーラントとはひたすら仲が悪かったらしい弟のヴォルフガング・ワーグナーがバイロイトの後を継いで、しかしこの人も相当に有能だったようで百歳の長寿を保ちつつバイロイトの名を地にまみれさせず、今はその二人の異母娘が後を継いでいるとか(しかもこの姉妹が仲悪いというのが因果だなあ)。
 たった150年、四世代の歴史が濃厚すぎる。すごいなワーグナー家。日本の伝統芸能でも親族の骨肉の争いってのはたまに聞こえてくることだけど、申し訳ないけど濃ゆさの桁が二桁ぐらい違いそうだ。
 もっともこのへんはwikipediaから拾った知識なので、誤解はご容赦。


 ちなみに今ネットで見てる動画はかなり新機軸の演出みたいなんだけれど(ウワァ漢字や日本語が出てきた。衣装はちょっとしょっぱいサイバーパンクみたいだ)、こういう解釈が許されるのも、まあたどればヴィーラントさんあたりの功績なのかなあ。
 もし自分が実演を見るのであれば、まあ最初はガッツリ北欧神話な舞台背景のやつが見たいですけどね。ワーグナーの中二病な世界観は五臓六腑に染み渡りますし。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://segawashin.blog20.fc2.com/tb.php/151-0351b65a

segawashin

Author:segawashin
2007年、「mit Tuba」で
第23回太宰治賞受賞。
ホームページはこちら。
www.segawashin.com
ツイッターはこちら。
http://twitter.com/#!/segawashin

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。