セガワブログ

小説家、瀬川深のブログ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日付けの讀賣新聞で、
群像4月号に掲載された「猫がラジオを聴いていたころ」がちょっぴり紹介されてました。
文芸欄の、今月の文学動向みたいなコーナーです。
ありがとうございますー。

(追記)
讀賣新聞のwebで公開されていたので、リンクしておきます。
(2008.3.26)
スポンサーサイト

コメント

群像読みました!

めったに買わない文芸誌を何気なく読んでいて、瀬川さんの作品に行き当たりました。
空白なくびっしり書かれた紙面に驚き、「」を使わずに書かれているのに混乱することなく読ませる力に驚き、13篇の中では浮いてる?ともいえる爽やかなストーリーに驚き、本当に驚きっぱなしでこちらへお邪魔しました。なんともいえない優しい気持ちになる作品で、もう何度も繰り返し呼んでいます。来週にでもチューバを探しに行きます(ネットより本屋さんで見つけるのが好きなので)。どうぞ、これからも素敵な作品を書き続けてください。ご活躍をお祈りいたします。

>タネコ様
ありがとうございます。
楽しんでいただけたようで、本当に嬉しいです。少々クセのある文体なので、どのように受け止められるか心配だったのですが。
まだまだ駆け出しの物書きなのですが、地道に書き続けてゆこうと思っています。

あ、チューバはかなり大きな本屋さんで探していただいた方がよろしいかと(笑

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://segawashin.blog20.fc2.com/tb.php/30-e117463c

segawashin

Author:segawashin
2007年、「mit Tuba」で
第23回太宰治賞受賞。
ホームページはこちら。
www.segawashin.com
ツイッターはこちら。
http://twitter.com/#!/segawashin

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。