セガワブログ

小説家、瀬川深のブログ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 作品を世に放つというのは実におそろしいことで、書き手が小汚い自室や深夜のカフェで汗だくになりながら綴っていた文章はいつのまにか、三下小説家の想像力をはるかに飛び越えたところにまで到達していたりします。
 なんて言うことを最近つとに実感しております。ホラまあ、今どきはイット革命後のネット社会ですから。本当に思いも寄らぬところに自分の文章が届いていることを知って、身をすくめるような思いに駆られることもしばしばなのですが。


 そのことを改めて実感するようなことを、友人が教えてくれましたよ。
 産報出版のSANPO WEBに、拙著が紹介されておりました。
 一瞬サンスポ?産経?と混乱してしまったのですが、「産報出版社は、溶接に関するあらゆるメディアを展開する専門出版社です。」ということなのだそうで。……更に混乱してしまいました。スミマセン。
 率直に言って、チューバが真鍮であることぐらいしか溶接とのご縁がなさそうな拙作なのですが、その中のコラムのページでご紹介を賜ったようなのです。もちろんチューバの溶接にスポットを当てて書いているわけでは全然なく、とても丁寧な書評を書いてくださっています。なんかもう、本当に、嬉しかったですよ。ああいう内容の小説ですから、音楽畑、小説畑の方がご興味もって下さるのはよく分かるんですが、よもや溶接関係の方が読んでくださっていたとは。どうしても人間、専門や業務の範囲で本は読むかも知れませんが、それを踏み越えて本を読むというのは本当にある種の気力と時間がいると思うものですから。
 

 それに、どうもセガワはモノ作りですとか、専門職とか言ったモノに惹かれる傾向があります。溶接や工業というのはまるで門外漢なんですが、ついうっかりページのあっちこっちを覗き回ってしまいました。
 刊行物の月刊「溶接技術」とか「ビジュアル教材 JIS 溶接技術検定シリーズ」とか、たぶん中身はまるで理解できないんでしょうけど、なんだかすごくワクワクします。記事の「工場訪問ルポ」とか「溶接の歴史」とか、こっちは普通に面白いです。そっかあ、こういう技術が橋とか船とか自動車とか、場合によってはアクセサリーなんかを作ってるんだなあとしみじみ思いが至ってみたり。考えてみれば金属と金属とをくっつける技術ですから、その範囲はおそろしく広いのも当然ですね。いま視界に入る携帯電話もパソコンデスクも灰皿も、どっかしらに溶接が使われてるんじゃないでしょうか。
 こうやってみると、世の中って複雑で面白いもんだなと思いますね。自分とはまるで縁のなかった技術なんですけど、そこには数千年に渡る歴史と技術が蓄積されてるわけですから。こうしているうちにも日本のどこかで、溶接技術検定を目指すべくトレーニングしている職人さんがいるのかも知れませんし。多少モノを知っている気になっていても、それはやはり夜郎自大としか言いようがなくて、どのジャンルも相応に深く広い世界を持っているようです。


 というわけで、とても嬉しいご紹介でした。ありがとうございました。
 あ、ちなみにご紹介下さったコラム「秋葉原日記」、なんか異常に話のネタが広いんですよ。本のことを書いたり鉄道のことを書いたり仏像のことを書いたり合鴨のことを書いたり、守備範囲が広くてクラクラ来ます。面白いです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://segawashin.blog20.fc2.com/tb.php/52-ecc98747

segawashin

Author:segawashin
2007年、「mit Tuba」で
第23回太宰治賞受賞。
ホームページはこちら。
www.segawashin.com
ツイッターはこちら。
http://twitter.com/#!/segawashin

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。