セガワブログ

小説家、瀬川深のブログ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ようこそおいで下さいました。当ブログは小説家・瀬川深のブログです。


■ 重要なお知らせはこちら。随時更新していきます。

  筑摩書房より小説「SOY! 大いなる豆の物語」が刊行されました。(2015.3.14)
  小学館より小説「ゲノムの国の恋人」が刊行されました。(2013.8.7)
  すばる2013年2月号に小説「目の中の水」を書きました。(2013.1.4)
  すばる2012年6月号に董啓章「地図集」の書評を書きました。(2012.5.13)
  すばる2012年3月号に小説「東京の長い白夜」を書きました。(2012.2.19)
  すばる2011年9月号に小説「五月、隣人と、隣人たちと」を書きました。(2011.8.11)
  週刊文春にサーシャ・スタニシチ「兵士はどうやってグラモフォンを修理するか」の書評を書きました。(2011.3.11)
  朝日新聞出版より長編小説「我らが祖母は歌う」が刊行されました。(2010.11.5)
  短篇小説「イラン、イスファハーン、弟と」が掲載されました。(2009.12.6)
  群像2009年9月号にエッセイを書きました。(2009.8.8)
  朝日新聞にインタビュウの記事が載りました。(2009.6.10)
  The Sneaker誌6月号に紹介記事が載りました。(2009.5.25)
  Newtype誌6月号に紹介記事が載りました。(2009.5.20)
  ハヤカワミステリマガジン6月号に紹介記事が載りました。(2009.4.28)
  STRANGE FICTIONにインタビューが載りました。(2009.4.3)
  早川書房より長編小説「ミサキラヂオ」が発売になりました。(2009.3.19)


■ セガワの小説についてはこちらをどうぞ。
  2009年3月早川書房より刊行された長編小説「ミサキラヂオ」についての記事です。
  セガワの処女作、筑摩書房刊「チューバはうたう mit Tuba」についての記事です。
  そのほかの小説や文章、インタビューなどについての記事です。
  小説や文章書きにまつわる雑文はこちらで。
  詩も書いています。ちょっとずつご紹介しております。


■ 評論と言うにはおこがましい、日々見聞きしたものの感想をまとめてみました。
  読んだ本の感想です。小説が多いです。
  漫画の感想はこちら。いろいろ偏っていますが気にしてはいけません。
  音楽についての記事です。ライブの感想が多いです。
  映画の感想などはこちら。あんまり数多く見ていませんが。


 国内から海外までの旅行記や、旅行にまつわる話はこちらです。


 あんまり更新していませんが、本家のHPです。メールもこちらからどうぞ。


その他の記事も覗いてやってくださいませ。
スポンサーサイト

segawashin

Author:segawashin
2007年、「mit Tuba」で
第23回太宰治賞受賞。
ホームページはこちら。
www.segawashin.com
ツイッターはこちら。
http://twitter.com/#!/segawashin

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。