セガワブログ

小説家、瀬川深のブログ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 どうもこんにちは、セガワ@ポルトガルです。ポルト、ナザレ、オビドス、シントラというポルトガル幕の内弁当のような旅をして本日リスボンに戻る予定です。なんというかポルトガル、久しぶりにバックパッカーの血が騒ぐ国ですね。適度に不便で、貧乏旅行者も多くて。ヨーロッパ人のパッカーがやたらに多いです。お年寄りのツアー客の傍らでカップルがいちゃついているのなんか日常茶飯事です。ああもう死ねばいいのにと思ったりしながらでもまあ基本的にはまったりのポルトガル旅行、とりあえず現地より旅行者向けのミニ情報をいくつか。完全にセガワの経験に即しておりますので、誤解・誤謬などの点はご容赦。

(基本情報)
・夏のハイシーズンですが宿はとりあえず何とかなります、だけどかなり強気な値付けをしてきますよ。ドミトリーで10~20ユーロ、シャワー付けると40を切れば御の字。部屋を見せてもらうのは必須。窓があるとないとだけでもえらく違います。

・全体的に物価が上がり気味なのか夏だからなのかわかりませんが、歩き方・ロンプラの値段よりも1~2割上がっていることが多いです。これにユーロ高の合わせ技で軽く涙目になっています。

・とにかく英語は通じません。観光地でも通じません。なんとかなるのはかなりいいホテルのフロントと観光案内所ぐらい(こちらも場所によってはちょっとあやしい)。セガワはスペイン語をちょびっと喋れるのでどうにかなるかなーと思っていたらどうにもなりませんでした。スペイン人観光客も英語で交渉してましたし。

(Tips)
・リスボン空港からの空港バスは深夜まで走っています。

・リスボンでは地下鉄ブルー・ラインのサンタ・アポローニア駅まで延伸し、アクセスがすごく楽になりました。

・ポルトではいつの間にか市電22系統が運行しておりました。1系統もちょびっと延伸したっぽい。22番は駅のすぐわきを通ります。でも運行間隔が30分なんでいまいち使い手が悪いんですが。ドウロ川河口付近の海はきれいですよー、大量の地元民が集って大フィーバアしております。

・ヴァラード駅とナザレのあいだ、バスのアクセスは悪いです。一日五本の列車に合わせてバスが運行していないあたりが実にポルトガル魂です。

・同様にカイダス・ダ・ライーニャとオビドス間のアクセスもいまいち、といいたいところなのですが結構バスは走っているようで、問題はバス停の時刻表が古かったり全部掲示していなかったり(!)というポルトガル魂の点にあります。驚くべきは、バスターミナルに行っても時刻表のたぐいは皆無で、窓口のおっちゃんおばさんに尋ねなければならない点。もちろんポルトガル語オンリーで、このへんで軽く涙目になります。もしネットとかで時刻表が調べられるなら、日本で調べていった方がいいかも。

・日曜日はほとんどすべての商店が閉まりますので要注意。ショッピングモール以外ほとんどすべて。こんなに見事な閉店ッぷりはアイルランド以来です。コンビニのたぐいは皆無。

・メシはうまくて安くて量が多いので、その点については完璧と言っていい国ですよ。メニューがポルトガル語オンリーの店だと、とたんに現地価格になります。5ユーロあれば一食食える。

・現地のものは現地が一番安くて旨くて他の土地では食えない、という、ヨーロッパではかなり珍しい特徴を持った国です。たとえばナザレの魚料理はリスボンのほぼ半額。

・ワインが激安なのでぜひ飲みましょう。デキャンタで2ユーロとか、下手するとコーラより安い。

・ネット事情はいまいち悪いとしか。ポルトのマック(リベルダード広場)ではアクセスポイントがありました。リスボンにもあるらしいけど未確認。あとはお高いホテルぐらいですかねえ。ネカフェはちらほら目にするんだけど、日本語環境ないし。

・ポルトでの宿泊、サン・マリーノ。中庭に面した部屋で40ユーロ。受付はポルトガル語オンリー。
 ナザレでの宿泊、アデーガ・オセアノ。海に面した部屋で75ユーロ、面してないと50ユーロ。値段なりに実に快適です。民宿は売るほどあって客引きがすごい。バスターミナルにも近くて便利。眺めは最高。
 シントラでの宿泊、ドイス・オ・クアドラード (Dois ao Quadrado)、ドミトリーで15ユーロ。6人部屋でもちろんシャワートイレ別。部屋はきれいです。ポルトガルで初めて見た、絵に描いたようなパッカー宿です。1階のカフェでワイヤレスインターネットが使えます。これを今書いている場所。行き方ですが、シントラの駅を出てリスボンに戻る方向にしばらく歩き(右手にピザハットあり)、跨線橋を越えて降りたところ。

・たまにビュッフェ形式のメシが食えるので、いろいろポルトガルごはんを試してみたいときにはいいかも。とりあえず行ってみてよかったのはリベイラ市場の二階のレストラン。ちなみに市場の裏手のあたりはちょいとあやしい界隈です。真っ昼間なのに声をかけてくるおねいさんがいて少々びびりました。



とりあえずこんなところ。あさってには帰国です。
Tchau!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://segawashin.blog20.fc2.com/tb.php/61-17925fb3

segawashin

Author:segawashin
2007年、「mit Tuba」で
第23回太宰治賞受賞。
ホームページはこちら。
www.segawashin.com
ツイッターはこちら。
http://twitter.com/#!/segawashin

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。