セガワブログ

小説家、瀬川深のブログ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ホームページのトップを実に久しぶりに変更しました。クリックするとカラーになるって気付いてる方はいらっしゃるんでしょうか。


 そういえばポルトガルで面白かった話が一つ。
 ポルトガル人はあんまりフレンドリーじゃないぜ!という趣旨のことを前々回に書きましたが、まあ稀にフレンドリーな人もいまして。ポルトガルに着いた次の日の朝、ロシオ広場のベンチに腰かけて地図を眺めていたら気さくにに話しかけてきたお兄ちゃんがいました。おージャパニーズか、俺は日本が好きだー、みたいなことをへたくそな英語で言ってきて、そのあと放送禁止用語を口走っていたのでよく顔を見てみたら目の焦点が合っていない人でした。多分おクスリ関係のジャンキーだと思います。
 あらやだヤク中じゃないの、ってことに気付いてそそくさと逃げ出したのですが、前回のエントリーでご紹介したアントニオ・タブッキの「レクイエム」という小説、この主人公がリスボンにやってきて初めて話す人物がやっぱり麻薬中毒の青年なんですよね。すごい符合。といってこのあとにアレンテージョ出身の心優しき娼婦ヴィリアータに会うようなこともなく、バイロ・アルトの裏通りでおじさんだかおばさんだか即座に判断できないような立ちんぼの人に声をかけられて、びびって逃げ出したぐらいだったんですが。


 このことに引っかけてロシア人力士の大麻のことでも書こうかと思ったんですが、あんまり時事ネタは扱いたくないのでやめておきます。まあ、リンチ殺人の時に比べてずいぶん処分が早い&厳しいなあとか、今どき日本の若い衆で力士になりたがるやつも少ないのにあんな逸材を永久追放ってもったいないなあとか、せっかく各国から剛の者が集まってきてリアル男塾みたいで面白くなってきた大相撲だったのに(天挑五輪大武會的な意味で)外国人力士に偏見もたれたら残念だあとか、ミュージシャンや芸能人ではわりとうやむやになっちゃう大麻使用が力士の時は大騒ぎだなあとか、そもそもセガワの世代では双羽黒の廃業とか若貴兄弟の確執とかであんまり力士に清廉潔白な要素は期待してなかったんだけどここぞとばかりに国技の品格とか言い出す人の相撲像はセガワとはずいぶん違ったモノなんだろうなあとか、まあそれなりに思うところはあるんですが。それにこういうことを述べる資格があるほど相撲を見ているのかというと見てないですからね。自宅にテレビないですし。


 ちょっと本業とか小説書きとかが忙しいので、更新は滞りがちになると思います。元々あんまりマメに更新してなかったですけど……。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://segawashin.blog20.fc2.com/tb.php/64-fbad3cbb

segawashin

Author:segawashin
2007年、「mit Tuba」で
第23回太宰治賞受賞。
ホームページはこちら。
www.segawashin.com
ツイッターはこちら。
http://twitter.com/#!/segawashin

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。