セガワブログ

小説家、瀬川深のブログ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 長編小説のゲラが出来上がりまして、受け取りがてら編集さんと打ち合わせをして参りました。もちろんこれからもう一仕事待ちかまえてはいるのですが、長々と書き連ねてきた文章が形になったのを見るのは感無量です。
 というわけで、というかこれを口実に、帰り際にスーパーに寄って酒と肴を物色して参りました。普段は滅多に晩酌しないんですが、まあ、前祝いと言うことで。編集のYさんがこの文章を目にしていないことを祈ります。


 さてなにを飲もうかなと考えて、『膳』の瓶に決めました。普段酒を飲むときに好むのは圧倒的にビールでして、飲み会の最初から最後までビールで押し切ることもあるほどです。そうでなければホッピー。そうでないとなると、セガワの好みは穀物の蒸留酒に偏るようです。日本酒よりは焼酎、ワインよりはウイスキーかラム。分けてもウイスキーは大好物です。濃くて、熱くて、深くて。聞くところによれば年々日本人のウイスキー離れは進んでいるようですが、まことに嘆かわしいことです。こんなに旨いのに。
 一昔前の漫画を読みますと、ウイスキー、分けてもジョニ黒あたりが宝石のように崇められていて、『花の係長』や『サザエさん』などを読むとなんともほほえましい気分になります。それが今ではそこいらの量販店で5000円を切るというのに、ウイスキー離れとは。嘆かわしい、まったくッ。
 ちなみに本日の肴は、刺身、生牡蠣、ボルシチというなんだかまとまりのない取り合わせだったのですが(ええほらタイムセールとかそういう関係で)、生ものとウイスキーの相性の良さには驚かされましたね。ことに生牡蠣、三陸は気仙沼産、今がまさに時の盛り、たっぷりと漲る肝臓を噛みつぶして舌の上に広がる濃厚なアミノ酸の味をいったんウイスキーが焼き払い、そののちに麦の芳香がのどの奥から鼻の上へと立ち上がって来るという塩梅です。いや、すばらしい。気取ってワインなんぞ飲むよりもよっぽど旨いですよ。ジンよりも香り深い、コニャックよりも慎ましい。まことにウイスキー、痛快な酒であります。
 確かに酒としては少々主張が強すぎて、食事のお供にするには不向きなのかも知れませんが、メシを食うために酒を飲むんじゃなくて酒を飲むために酒を飲むわけですからね。このへんまでおフランスの作法に倣う必要もないでしょう。
 さて、ウイスキーを余り嗜まれない方には是非ともお勧めしたいところですが、飲み方としてはロックかソーダ割りでいかがでしょうか。ウイスキーが苦手な方にはこのソーダ割り、つまりはハイボールはお勧めです。学生時代にバイトしていた先の女社長に飲みに連れて行って頂いた際、ハイボールを頼むとあらあら若い飲み方ねェと失笑されて身のすくむ思いをしたことがあるのですが、今でもハイボールは大好きですよ。軽くて、胃袋から脳天にすっと炭酸が立ち上って、なんとも幸福な気分になれます。
 それでもやはりウイスキーの味を楽しむならば、そのまんまストレートでお飲み下さればと思います。少々キツイとお思いならば、水で割るよりは、チェイサーをお供に。食道から胃壁までを瞬時に火が走り抜ける感覚、鼻に立ち上る色濃いにおい、唯一無二であって、ウイスキーでしか味わえない悪徳です。頭蓋の後ろにかかる霧、耳から遅れて届く音の反響、鈍くなりゆく肌の感覚、腹の底に熾きる焔。酔いという名の混沌を恐れてはいけないでしょうね。毎夜のならいとすべきことではないでしょうが、ときおりそっと手招きしてもいい。これを完全に生活から追い出してしまうのは、どこかやせ細った貧しいものを想像してしまいます。しかるのち、一眠りして、反省がやってくるのですが。
 飲みましょう、ウイスキー。薬くさいとか、キツイとか、強いとか、そんなけちくさいことを言わず。濃い酒とは、単純と複雑が同居した恐るべきシロモノですよ。


 嬉しいことには、最近は国産ウイスキーにもたいそう美味しいレーベルがあります。セガワは『膳』か『北杜』あたりを好みます。なんぞのお祝い事があれば『山崎』に手を出してみたりもします。太宰治賞受賞の報せを聞いた夜、一人きり祝った『山崎』の味は格別でした。


 すでにウイスキーが三杯ほど進んだのちの文章なので、まとまりに欠ける点、修辞が過剰な点、平にご容赦。酩酊から解放されて含羞が戻ってきたならば、消してしまうかも知れません。
 BGMは平安隆&ボブ・ブロッズマン、「キーブルダッチャー・ミュージック」、豊かな歓喜に満ちた三線とギターの音楽で。



キーブルダッチャー・ミュージックキーブルダッチャー・ミュージック
(2000/09/20)
平安隆&ボブ・ブロッズマン平安隆

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://segawashin.blog20.fc2.com/tb.php/86-2616b6c1

segawashin

Author:segawashin
2007年、「mit Tuba」で
第23回太宰治賞受賞。
ホームページはこちら。
www.segawashin.com
ツイッターはこちら。
http://twitter.com/#!/segawashin

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。