セガワブログ

小説家、瀬川深のブログ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 以前ちょろっとご紹介してはいたのですが、ぶじ本も出版されたことですし、ミサキラヂオの舞台となるミサキの地図とミナトの地図を公開いたします。


ミサキ全図



 本に書くの忘れてたんですけど、原図はセガワが手ずから心を込めて作製いたしました。というかもう、これは楽しくて楽しくて仕方のない作業でした。大まかにラフを描いていったんトレースしてシャーペンで細かいところを描いたのちにもっぺんトレースして水性ボールペンでインクを入れてレタリングしてパソコンに取り込んでトーンを貼って……等という作業にウキウキしながら没入しておりますと、なんというかその、自分の妙に病的な凝り性な部分に気付いてしまうのですが。
 なお、これを手書きでいこうというのは、以前購読していた旅行人という雑誌に毎号掲載されていた、富永省三さんのもんのすごい詳細な手書き地図に影響されております。もちろんあのプロの仕事には及ぶべくもないのですが……。でも地図っていいですよね。


ミナト拡大図


 これはセガワがミサキラヂオを書きながら勝手に妄想していたことで、作品の内容とはまるで関係ないのですが、こういう折りなのでちょいと妄想を垂れ流してみます。実は、可能ならばこの小説を一つの交響曲のように仕上げてみたいなという大それた欲望が執筆の途中から湧き上がってきました。
 だって、ほら、人として生まれたら誰しも一生に一度は交響曲を書きたいと思うじゃないですか(なんか突っ込みどころ満載ですが話が進まないのでとりあえず流してください)。それもできればベートーヴェンとかブルックナーとかマーラーとかショスタコーヴィチみたいなやつ。あ、グノーみたいな軽妙なのでもボロディンみたいな野蛮なのでもホヴァネスみたいなハッタリ効かせた奴でもイイナ。
 まあでも、実際には、これはほとんど不可能な望みなわけです。そんな技術も才能も持ち合わせてませんし、実際書いても上演される可能性なんかまずないですし。オトコノコが誰しも抱く夢、野球選手とか探検家とかサッカー選手とか、そういうものになるよりもはるかに、交響曲を書きたいという夢は実現が難しいんじゃないかなとセガワは思います。
 その夢の残り香が、微かにこの小説に投影できればいいなと思いました。

  Ⅰ楽章:短い序奏を伴ったソナタ形式、Allegretto cantabile.
  Ⅱ楽章:叙情楽章、自由な変奏を含むパッサカリア、Andante comodo - Allegretto.
  Ⅲ楽章:静かな二拍子のスケルツォ、トリオ形式、Allegro tranquillo-Moderato - Presto.
  Ⅳ楽章:長大なフーガ形式のコーダを伴う変奏曲、Allgro con brio.

 こんな感じでしょうか。ともあれこの『ミサキラヂオ』、セガワの中ではささやかな交響曲第一番ということになっております。
 さて次はどんな交響曲……じゃなかった小説を書こうかな。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://segawashin.blog20.fc2.com/tb.php/92-996140a7

segawashin

Author:segawashin
2007年、「mit Tuba」で
第23回太宰治賞受賞。
ホームページはこちら。
www.segawashin.com
ツイッターはこちら。
http://twitter.com/#!/segawashin

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。